日用品・生活雑貨

サンスター、健康な一年を願う「サンスター 干支ハブラシ 2019亥」を発売

2018.11.15 20:42 更新

 サンスターグループ(以下、サンスター)は、新しいハブラシで新年を迎え、健康な一年を過ごしてもらいたいという思いを込めて、来年の干支である猪と瓢箪をモチーフにしたオリジナルデザインハブラシ「サンスター 干支ハブラシ 2019 亥」(6本セット)を、11月14日から、サンスター通信販売で数量限定発売した。

 「サンスター 干支ハブラシ 2019 亥」は、口から全身の健康を考えるサンスターが、人々の無病息災を願いデザインした。ハブラシには、歯周病菌とたたかうG・U・M(ガム)ブランドの「ガム・デンタルブラシ♯266(ふつう)」を使用している。自身で使うのはもちろんのこと、家族、親戚、大切な人へ、贈る人の健康を願う贈り物として、帰省時のお土産としても使うことができる。新しい年は新しいハブラシで、口から健やかな一年を始めてみては。

 なお、この「サンスター 干支ハブラシ 2019 亥」は、徳島県松茂町にあるサンスター徳島工場で製造しており、同町のふるさと納税返礼品への採用が決定したという。

 サンスターでは、ハブラシを毎日の生活に彩りを添えるもの、また、大切な人の健康を願う思いを込めた贈り物として、単なる日用品ではない新しい価値を提供できるよう、デザイン性の高いハブラシを徳島県松茂町の自社工場で製造している。その技術を活かし昨年12月に次年の干支である戌をモチーフとした福戌ハブラシをサンスター通信販売の会員を中心に数量限定販売したところ、大きな反響を得て、想定以上の速さでの完売となった。昨年の好評を受け、今後は毎年恒例の商品として「サンスター 干支ハブラシ」の発売を予定しています。今回は、2019 年の干支でもあり、無病息災の象徴ともいわれる猪(亥)、三つ揃えば三拍(三瓢)子揃って縁起よし、六つ揃えば無病(六瓢)息災といわれる瓢箪をモチーフに、無病息災の一年になるように、と願いを込めデザインした「サンスター 干支ハブラシ 2019 亥」を発売する。

 「サンスター 干支ハブラシ 2019 亥」は、干支の猪(亥)と瓢箪をデザインしたハブラシとのこと。6本それぞれに表情の違う瓢箪を背負った亥に、縁起の良いひし形3種、七宝3種の伝統模様を組み合わせている。3本ずつの2種類の箱入りで、のし袋もセットになっているので、贈答用にも使える。ハブラシは、ガム・デンタルブラシ♯266(ふつう)を使用している。超先細毛で歯周ポケットに届き、歯周プラーク(歯垢)をはじき出す。

[小売価格]3218円(税込)
[発売日]11月14日(水)

サンスター=https://www.sunstar.com/jp/


このページの先頭へ