日用品・生活雑貨

大王製紙、スリムタイプ生理用ナプキン「エリス コンパクトガード」を発売

2018.09.21 18:44 更新

 大王製紙は、次世代をつくる10代後半から20代前半の活動的な女性に向けたスリムタイプ生理用ナプキン「エリス コンパクトガード」を11月1日から発売する。

 スリムタイプのナプキンは薄くて持ち運びに便利な一方、女性の約5割が吸収力に不安を抱えており、実際にナプキンを使用後も約3割の女性が吸収の不安が拭えなかったと感じているという。ナプキンの平均装着時間は2~3時間となっているが、若年層の生活者の中には授業やアルバイト、部活動などで長時間ナプキンを交換できないことがあるために、約5時間近くまでナプキンを交換せずに使用する実態がみえてきた。またSNSの普及に伴い、若年層のオシャレ感度が上がっていることから、従来以上にナプキンのデザイン性へのニーズが高まっており、特に10代の約4割は「個包装のデザイン性」を重視して商品を選択し、また約6割が「生理用品らしくないシンプルでオシャレなパッケージデザイン」を求めていることがわかったという(同社調べ)。

 そこで次の時代をつくる若年層をターゲットに、「2mmの薄さで5時間サラサラ(同社基準)」の機能性とシンプルでオシャレなデザイン性を兼ね備えた「エリス コンパクトガード」を発売し、生理中の不安から解消することで、チャレンジし続ける女性たちに寄り添い続ける考え。

 同品は、わずか2mmの超スリムとのこと。超スリムなのにふつうのナプキンの2倍吸収(同社「エリス新・素肌感 ふつう~多い日の昼用 羽つき」との比較)だという。ドッと出てもすぐ吸収し、5時間たってもサラサラだとか。オシャレで可愛い個包装デザインを採用。1枚1枚が薄くてコンパクトとなっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月1日(木)

大王製紙=http://www.daio-paper.co.jp/


このページの先頭へ