日用品・生活雑貨

J&J、マウスウォッシュ「リステリン トータルケア プラス/ゼロ プラス」を発売、菜々緒さんを起用した7つの効果をわかりやすく伝える新TV-CMもOA

2018.09.04 20:34 更新

 ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニー(以下、J&J)は、マウスウォッシュのパイオニア「リステリン」から、シリーズ最多の7つの効果が得られるオールインワンのマウスウォッシュ「リステリン トータルケア プラス」「リステリン トータルケア ゼロ プラス」(医薬部外品)を、8月27日に発売した。また、同品の魅力を多くの人々に知らしめるべく、女優の菜々緒さんを起用した新TV-CMを9月3日から放映開始した。同日に行われた新CM発表会では、「リステリン トータルケア プラス」「リステリン トータルケア ゼロ プラス」の概要やマウスウォッシュを使用したオーラルケアの重要性について説明した他、菜々緒さんが登壇し、新CMの見どころや「リステリン」の魅力について語ってくれた。

 「1879年に消毒薬として誕生した『リステリン』は、長い歴史の中で、マウスウォッシュのパイオニアとして様々な改良を重ね、消費者のニーズに合わせたラインアップを取りそろえてきた。そして、現在では、世界の多くの国でNo.1のシェアを誇るマウスウォッシュに成長している」と、J&J 浦崎里奈シニアブランドマネージャー。「日本のマウスウォッシュ市場は右肩上がりとなっており、『リステリン』は市場拡大をけん引し、シェアも拡大している。その一方で、日本のマウスウォッシュ利用率は、諸外国に比べて低い傾向にある」と、歯磨きの他にマウスウォッシュでオーラルケアをしているという人は、まだまだ少ないのが現状であると嘆く。「そこで、マウスウォッシュによるオーラルケア習慣を高めるべく、今年3月に『リステリン ホワイトニング』を発売。発売2週間で計画の200%の売上で推移している。さらに、6月には『リステリン ハグキケア/ムシバケア』も発売。口元のトラブルにフォーカスしたマウスウォッシュとして消費者から高い評価を得ている」と、製品のラインアップ拡充などを図ることで、マウスウォッシュによるオーラルケア習慣を広めていきたい考えを示した。

 次に、マウスウォッシュを使用したオーラルケアについて、井原歯科クリニック院長の井原雄一郎先生が講演を行った。「日本のオーラルケアは、まだまだブラッシングによるケアにとどまっている。ブラッシングのテクニックには個人差もあり、きちんと汚れを落とせていないケースも見受けられる」と、ブラッシングだけでは不十分なのだと説く。「しかも、口腔内での歯の表面積は全体の25%にとどまり、残りの75%が歯肉、舌、喉などの粘膜面となっている。口腔内の細菌を減らし、衛生的に保つには、この75%をケアすることが大切になる」と、口腔全体をケアするには、歯磨きだけでは不十分なのだと訴える。「歯以外の75%の部分に存在する細菌をケアするためには『マウスウォッシュ』を利用する必要がある」とのこと。「『マウスウォッシュ』であれば、歯はもちろん歯磨きだけでは届かない口腔内の粘膜面の隅々までケアできるだけでなく、口腔殺菌をケアすることでより衛生的な状態を保つことができる」と、マウスウォッシュを利用して、歯以外の部分もケアしてほしいと話していた。

 「また、『マウスウォッシュ』は、30秒間ゆすぐと簡単かつ手軽にケアすることが可能。口腔内の隅々まで成分がいきわたる」と、手軽に口腔内全体のケアが可能な点が優れているのだとか。「歯の内側をウォッシュするだけという人も多いが、歯の前面や横ポケットにもいきわたるようにしてほしい」と、マウスウォッシュによるケア方法についてもレクチャーしてくれた。「マウスウォッシュを選ぶ基準については、殺菌力と悩みに応じた処方、継続させるための味の好みを吟味して選ぶようにしてほしい」と、3つのポイントを重視したマウスウォッシュ選びを推奨していた。

 そして、8月27日に発売した「リステリン トータルケア プラス」「リステリン トータルケア ゼロ プラス」について、J&J 太田幹子アソシエイトブランドマネジャーが紹介した。「『リステリン トータルケア プラス』は、従来の6つの効果から7つの効果に進化した製品となっている。具体的には、口臭、着色、歯肉炎、粘着き、汚れ、歯石のケアに加えて、新たに虫歯ケアを加えたオールインワンマウスウォッシュとなっている」と、1本で口のトラブルにアプローチする製品とのこと。

 「今回、『リステリン トータルケア プラス』と共に、低刺激タイプの『リステリン トータルケア ゼロ プラス』も販売し、刺激が苦手な人にも使ってもらえるラインアップで展開している」と、口にまつわるあらゆるトラブルを解決するべく、多様なニーズに対応できる製品を用意したのだという。

 「コミュニケーションについては、TV-CMだけでなく、SNSや店頭などあらゆる場面で消費者にアプローチしていく」とのこと。「9月3日には、女優の菜々緒さんを起用したTV-CMを放映開始する。健康的な口元を得ることができるというポジティブなイメージ提案を行っていく」と、より身近に感じてもらえる製品であるということをしっかり訴求していきたい考えを示した。

 そして、新TV-CMが披露された後、CMのシーンを再現するように、7名のSPに守られながら菜々緒さんが登場。「リステリン」の魅力やCM撮影の裏側などについて教えてくれた。「新CMは、『リステリン トータルケア プラス』の7つの効果をわかりやすく伝えるべく、7名のSPが菌や口臭などから守ってくれる役割を演じている」と、CMの内容について解説する菜々緒さん。「猛暑の中で撮影したのだが、SPの人たちとうまく息を合わせなければいけないシーンも多かったので、何テイクも撮影した。撮影が終わった時には、自然と拍手が起こり、とても撮影しやすい雰囲気だった」と、暑さに負けず、スタッフ一同見事なチームワークでCMを撮影したのだと話していた。

 普段から「リステリン」を愛用しているという菜々緒さんは、「見られる仕事なので、オーラルケアはしっかり行うようにしている」とのこと。「歯磨きプラスマウスウォッシュを行うだけでなく、定期的に歯科医に行って、自分では落としきれない歯の汚れを取ってもらっている」と、肌や髪の毛と変わらない手入れを行うように心がけていると述べていた。

 新製品については、「1つで7つの効果が期待できるということなので、とても魅力に感じている」と、新たな効果がプラスされた「リステリン」に期待を寄せる。「普段、マウスピースをつけて寝ているのだが、『リステリン』でマウスウォッシュして寝た場合と、しないで寝た場合とでは、起きた時に大きな違和感があるので、どんなに疲れていても、必ずマウスウォッシュして寝るようにしている」と、マウスウォッシュの重要性を実感していると語っていた。最後に菜々緒さんは、「『リステリン』で健康的な口元を手に入れてほしい」と、「リステリン トータルケア プラス」による史上最高のオーラルケアを行ってほしいとアピールしていた。

[小売価格]オープン価格
[発売中]

ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニー=https://www.jnj.co.jp/consumer/


このページの先頭へ