日用品・生活雑貨

サンスター、6つの効果で様々な口のトラブルをケアする洗口液「ガム・ナイトケアリンス」を改良発売

2018.08.08 11:48 更新

 サンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下、サンスター)は、「G・U・M(ガム)」ブランドから、おやすみ前の歯みがき習慣にプラスして、6つの効果で口の様々なトラブルをケアする「ガム・ナイトケアリンス」(洗口液)を、8月22日から改良発売する。

 寝ている間のお口の中は唾液の分泌量が低下しているため、原因菌が繁殖しやすく、歯周プラークが形成されやすい環境なのだとか。歯周プラーク中の菌は翌朝の「口臭」「ネバツキ」の原因となることから、就寝中の原因菌の繁殖を効果的に抑えることが大切だという。

 「ガム・ナイトケアリンス」は、新たに“歯垢の付着を防ぐ”効果を追加し、歯肉炎の予防、ハグキの出血防止、口臭防止など6つの効果でお口の様々なトラブルをケアする。

 なかでも、殺菌剤CPC(塩化セチルピリジニウム)が、寝ている間の口の原因菌の繁殖を効果的に抑制し、歯垢の付着・口臭・歯肉炎を防ぐとのこと。

 香味は、眠りを妨げないマイルドな使用感のナイトハーブタイプと、清涼感やスッキリ感があり、キレイな気持ちで眠れる新香味のリフレッシュハーブタイプの2種類で、気分によって選ぶことができる。

 G・U・Mは、ハミガキ、ハブラシに加え、洗口液や歯間ブラシなども組み合わせた「システムユース」を推奨している。例えば、夜寝る前のオーラルケアとして、みがく(ハミガキ・ハブラシ)、かき出す(歯間ブラシ・デンタルフロス)、すすぐ(ガム・ナイトケアリンス)の3ステップによって、積極的なオーラルケアの推奨を啓発しながら、製品ラインナップを強化していく考え。

[小売価格]200円~1200円(税別)
[発売日]8月22日(水)

サンスター=https://www.sunstar.com/jp/


このページの先頭へ