日用品・生活雑貨

三菱ケミカル・クリンスイ、ガラス浄水器「クリンスイ JP101-C」を数量限定で発売

2018.03.06 20:50 更新

 三菱ケミカルのグループ会社である、浄水器の販売を行う三菱ケミカル・クリンスイは、日本のクラフトマンたちと取り組むプロジェクト「CLEANSUI KNOWS JAPANESE CRAFTS」の第2弾商品として、美しいガラスをサーバーとして採用した浄水器「クリンスイ JP101-C」を4月25日から発売する。

 30年以上にわたって水のことを考え、世界中の生活者の水への願いに挑戦し続ける「クリンスイ」には、世界に誇れる浄水技術があるという。これを、今、そしてこれからの暮らしに馴染むかたちで届ける。「いつまでも安心してキレイな水が飲める」という幸せがある暮らしを想像する中で、クリンスイが思い至ったのは、日本のクラフトとの可能性だったという。

 優れた技術と知識で製品を生み出すクラフトマンたちと共に、キレイな水が当たり前にある生活のための道具を考えてみたい。「CLEANSUI KNOWS JAPANESE CRAFTS」は、人が生きる上で水がより重要になっていく未来を見据えるクリンスイが、日本のクラフトマンたちと取り組む新たなプロジェクトとのこと。昨年1月にリリースしたプロジェクト第1弾のパートナーは「陶器(信楽焼)」だった。第2弾のパートナーは「ガラス」とのこと。

 ガラス浄水器「クリンスイ JP101-C」は、バーナーワークで繊細なフォルムのガラス作品を作り出す「クラフト・ユー」のサーバーに、クリンスイの中空糸膜フィルターを搭載した浄水カートリッジを入れる。クラフトマンシップのおもむきと、最先端の技術と質を追求するメーカーの姿勢が一体となった「ガラス浄水器」が誕生した。第2弾は、テーブルウェアとしても楽しめる美しいガラスでフレッシュな水を飲む日常を届ける新しい浄水器となっている。

[小売価格]3万9000円(税別)
[発売日]4月25日(水)

三菱ケミカル・クリンスイ=http://www.cleansui.com


このページの先頭へ