日用品・生活雑貨

ライオン、電子レンジでできたての「手づくり」料理ができる調理バッグ「リード プチ圧力調理バッグ」を発売

2018.01.10 11:26 更新

 ライオンは、“「ちゃんと」をかんたんに”の「リード」ブランドから、材料と調味料を入れて電子レンジで加熱するだけで、じっくり煮込んだようにおいしい一品が短時間で「かんたん」に作れる調理バッグ「リード プチ圧力調理バッグ」を、3月7日から発売する。

 近年、共働き世帯は1100万世帯を超え、有職主婦は増加傾向にあるという(内閣府男女共同参画局)。特に、子育て中の有職主婦では、約7割が「調理」を負担に感じ、中でも「帰宅後の夕食作り」をストレスとして感じているとのこと。「調理はちゃんとしたい」と回答する人は子育て中の有職主婦の9割以上にのぼるが、実際には時間や手間はかけられず「かんたんに」したいのが実情だ(同社調べ、2017年、n=258名、WEBアンケート調査)。

 そこで今回、材料と調味料をバッグに入れて電子レンジ加熱するだけで、おかずが簡単に作れる調理バッグ「リード プチ圧力調理バッグ」を、3月7日から発売する。電子レンジ加熱によって発生する蒸気の“プチ圧力”によって、食材が短時間で軟らかくなり、じっくり煮込んだようにおいしい料理ができるとのこと。また、食材を入れた段階で、そのまま冷凍・冷蔵保存ができるので、食べたい時に、鍋やフライパンを使わずに電子レンジ加熱するだけで、1~2人分の手づくり料理が「かんたん」に作れて「できたて」を食べられる。

 「リード」ブランドは、クッキングペーパーと調理バッグ・保存バッグなどの製品と、レシピや使い方の情報を届けることで、献立決めから調理・保存までをトータルに提案し、“食を通じた家族の健康づくり”を応援していく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月7日(水)

ライオン=http://www.lion.co.jp


このページの先頭へ