日用品・生活雑貨

バスクリン、薬用入浴剤「バスクリン 薬湯」をリニューアル発売

2017.08.08 20:14 更新

 バスクリンは、生薬有効成分センキュウと温泉ミネラル(カラダめぐり浴:硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウム じっくり保温浴:硫酸ナトリウム すっきり発汗浴:硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム)を配合した人気の薬用入浴剤「バスクリン 薬湯」(医薬部外品)を、温まる目的別に選べる3タイプにリニューアルし、8月21日から発売する。

 できるだけ自然由来の物で自身と家族の健康を維持したいと考えている主婦や有職女性にとって、生薬有効成分を配合した入浴剤に対する期待が高く、期待できる効果をイメージしやすいパッケージが求められることが、バスクリンの調べで明らかになった。今回、「バスクリン 薬湯」のパッケージを生薬有効成分と植物エキスによる本格的な薬効感に加え「目的別の温まり」と「使用時ベネフィット」を表現したデザインに変更した。ぜひ、自然のチカラ(生薬有効成分と温泉ミネラル)で毎日の健康温浴をサポートする「バスクリン 薬湯」を利用してほしいという。

 同品は、生薬と温泉ミネラルを配合し、温浴効果を高め、温まる目的別に選べる楽しさ感を両立した薬用入浴剤とのこと。長年の生薬研究成果から、有効成分と植物エキス(保湿成分)を、アイテム毎の入浴で温まる目的別に合わせて配合した。有効成分は、生薬のセンキュウに加え温泉ミネラル成分を配合。生薬および専任調香師の知見を活かし、生薬配合ながら、色と香りの工夫によって、使いやすい使用感を実現した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月21日(月)

バスクリン=https://www.bathclin.co.jp


このページの先頭へ