日用品・生活雑貨

DCMホールディングス、2WAY保温機能付き弁当箱「DCMブランド保温弁当箱」を発売

2017.08.29 19:18 更新

 DCMホールディングスは、縦置き・横置きどちらでも持ち運び可能な2WAY保温機能付き弁当箱「DCMブランド保温弁当箱」を9月11日から、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや店舗で販売する。

 近年、食の安全・健康志向の高まりや日常的な節約への意識から、オフィスでのランチタイムに家庭で作ったお弁当を持参する人が増えている。また手作り弁当のためのレシピ本やレシピサイトが注目を集めるとともに弁当箱は保温性、密封性、収納性などの機能性に優れた様々なタイプが発売され、その選択肢を拡大している。特に冬場は温かい食事をとりたいという需要の高まりに伴い、保温可能な弁当箱の売上も高いことから、同社では寒くなるこれからのシーズンへ向け、保温機能付きで持ち運びやすさに注目した弁当箱を新たに発売する。

 今回発売する「DCMブランド保温弁当箱」は、保温可能なごはん容器、2つのおかず容器、はし、はし箱、専用ポーチの6点セットで、持ち運びに優れたコンパクトタイプに仕上げている。付属の専用ポーチに容器の重ね方を変えて入れることで、縦置き・横置きどちらにも対応し、通勤等で使用するカバンの形状や空きスペースに合わせて収納することができる。

 ごはん容器には、取り外し可能な二重断熱構造のステンレス製の保温容器を付属し、炊き立てごはんの温かさをランチタイムに楽しむことができる。また、ふた・保温容器を外すことで電子レンジに対応するので、再加熱してほかほかの状態で食べることが可能だ。機能性と使い勝手を向上させながら求めやすい価格を実現したほか、カラーはサイズに合わせアイボリー(640ml)、ネイビー(840ml)の2種類をラインアップし、男女兼用の使いやすいデザインを採用している。

[小売価格]1922円~2138円(税込)
[発売日]9月11日(月)

DCMホールディングス=https://www.dcm-hldgs.co.jp


このページの先頭へ