日用品・生活雑貨

ダイソー、ホームパーティーなどに最適な新キッチン雑貨ブランド「Allure」を発売、春香クリスティーンさんが「Allure」でテーブルコーディネートにチャレンジ

2017.05.10 18:51 更新

 「ダイソー」を運営する大倉産業は、新キッチン雑貨ブランド「Allure(アリュール)」を全国のダイソー店舗で、5月10日から順次発売を開始する。同日に行われたお披露目イベントでは、新商品に関するプレゼンテーションが行われた他、タレントの春香クリスティーンさん、くわばたりえさん、くわばたりえさんの長女、ベックさん、井上咲楽さん、スタイリストのピカ子さんを迎え、新ブランド「アリュール」の魅力を伝えるべく、ホームパーティーにおけるテーブルコーディネート対決や、くわばたさんの長女へのおもてなし対決などを行った。
  「当社は、昨年度4200億円の売上に達し、国内約3000店舗、海外約1500店舗を誇り、月に10~20店舗の新店をオープンしている」と、大倉産業 商品仕入本部の河野慎也本部長が挨拶。「今回、新たに新キッチン雑貨ブランド『アリュール』を展開する。この新ブランドを通じて、これまでのゲーム感覚の宝探し的なお店から、人にやさしいお店に進化していく姿を見せていきたい」と、新たなコンセプトのブランドを立ち上げることで、これまで以上にダイソーを利用してほしいと意気込んだ。

 続いて、大倉産業 人事・総務部の山本怜奈係長が、新商品の概要について説明した。「新ブランド『アリュール』は、大人かわいいをテーマにしたキッチン・テーブルウエアブランド。アーティストが生み出す美しい手仕事のぬくもりを気楽に取り入れて、ありふれた毎日をアートのスパイスでワクワク感のある素敵な暮らしに変えることができる、カジュアルなホームパーティーにも最適なブランドとなっている」と、ブランドのコンセプトについて解説。

 「ブランド名の『アリュール』は、仏語で、魅惑するという意味。人をもてなすという想いを込めて命名した」と、ブランド名の由来について言及してくれた。「ターゲットは、スクールママを想定する。育児に少し余裕のできたママに対し、彩りを与えてくれる商品をラインアップした」と、ターゲット層を魅了するモダンで可愛いデザインの商品を多数展開していくと意気込んだ。

 


 「新ブランドの特徴として、メラミン素材を採用したお皿、ボウル、カップなどを展開。また、なべしきやお弁当で重宝するおかずカップやお弁当箱、ミニバッグ、保冷剤など、一部商品を除き、5月10日から発売する」と、「アリュール」で展開する商品について詳しく紹介。「価格は、100円が中心で、一部200円の商品が存在する」と、100円・200円の安心価格で提供するのだと話していた。「『アリュール』を使用することで、消費者の生活に彩を与えられることを願っている」と、多くの人々に愛されるブランドに成長してほしいと期待を込めていた。

 


 「アリュール」の魅力を多くの人々に伝えるべく、タレントの春香クリスティーンさんが登場。「アリュール」については、「大人かわいいという表現がぴったりのデザインで、老若男女に愛される商品だと思う」と、可愛らしいデザインに、多くの女性がときめいてしまうと話す春香さん。「『アリュール』を使って、数少ない友達を招きホームパーティーを催したい」と、あまり自宅に人を招くことがないという春香さんでも、「アリュール」を見ると、ホームパーティーがしたくなるのだと話していた。「友達以外にも、家族を招待したり、ピクニックなどでも使える」と、インドア、アウトドアの両方で重宝される商品ではないかと話していた。

  


 この「アリュール」の魅力をさらに引き出すべく、春香さんが、「アリュール」を使ったテーブルコーディネートにチャレンジ。美大生タレントのベックさん、自称眉毛タレントの井上咲楽さんと共に、テーブルコーディネート対決を行うことになった。一方、それぞれのコーディネートについては、ヘア・メイクアーティストで美のカリスマ ピカ子さんが審査してくれた。

 


 井上さんは、「6人家族なので、妹たちと一緒にコーディネートした」と、大家族でも楽しめる商品である点をアピール。ベックさんは、「ボタニカルピクニックをテーマに、お菓子を作って『アリュール』の皿に盛りつけた」と、食べ物も盛りつけて、非常に華やいだテーブルコーディネートを披露してくれた。そして春香さんは、「ルンルンホームパーティーをイメージした」と、友達が少ないため、二人分のコーディネートを発表した。

 これを見たピカ子さんは、「どれもイマイチ」といい、コーディネートの見本を披露。「サーモンのたたきをメインにしたディナーをイメージした」と、豪華な料理が色とりどり盛りつけられたコーディネートには、春香さん、ベックさん、井上さんも完敗を認めていた。ただし、3名によるテーブルコーディネート対決では、お菓子を盛りつけたベックさんが勝利。「『アリュール』は、ただ飾るだけでもかわいいが、食べ物を盛りつけたくなる商品だと思う」と、ベックさん以外は、商品をテーブルに並べただけであった点がマイナス評価になったとピカ子さんは総評していた。

 次に、「アリュール」の商品を使って子どもをあやすことができるか、春香さん、ベックさん、井上さんの3名で再び対決することになった。あやす子どもは、タレントのくわばたりえさんの長女。くわばたさんは、「アリュール」について、「みんなで集まった時、自分がどのお皿を使っていたのかわからなくなるのだが、この商品は種類が豊富なので、あらかじめこのデザインは誰が使うと決めておくこともできる」と、豊富な種類に魅力を感じている様子。「メラミンを使っているので、容器が丈夫な点もよい。そして、なによりも安定した価格が素晴らしい」と、安くて耐久性に優れた「アリュール」に太鼓判を押していた。

 くわばたさんの長女にプリンを食べさせてあやす対決では、ベックさんが、ユーモアを取り入れてあやした点を評価され、くわばたさんから高評価を受けた。最後に春香さんは、「対決では厳しい結果となってしまったが、『アリュール』は楽しい商品ばかりなので、ホームパーティーやピクニックなどで活用してほしい」と、多くの人々と楽しい一時を過ごしたくなるのが「アリュール」なのだと話していた。

[小売価格]100円(税別)
※一部200円(税別)の商品もある
[発売日]5月10日(水)から順次

ダイソー=https://www.daiso-sangyo.co.jp



このページの先頭へ