エディターズダイアリー

食の制限に対する悩みの対応方法は?

2017.09.25 18:27 更新

▽クロス・マーケティングは、普段食生活に気を遣っている全国47都道府県に在住する20歳~59歳の男女800人を対象に、どのようなことに気を遣っているか聞いたところ、「栄養バランスを考える」が67%で最多となり、次いで「一日三食食べる」や「野菜・海藻・きのこ類を多く食べる」が約41%となったそうです。

 気遣うようになったきっかけは「現在の健康状態の維持・管理」や「現在の体型の維持・管理」が42%と多く、「現在の健康状態の向上」や「現在の体型を変えたい」など、より良くしたいという意識がきっかけという声もみられたとのこと。


子どもの夜更かしは要注意

2017.09.22 22:31 更新

▽最近、夜更かしをする子どもが増えているようです。夜更かしのせいで、朝なかなか起きられなかったり、授業中に寝てしまう子どももいるのだとか。学校の勉強だけでなく、塾や習い事、ゲームなど、今の子どもたちは何かと忙しいこともありますが、最も大きな原因として、幼少期に同居する親の夜更かしが影響している可能性があるそうです。

子どもが睡眠不足になると、心身にさまざまな問題を及ぼすとされています。まず、体の成長に必要な成長ホルモンの分泌が低下するとのこと。寝入りばなの深いノンレム睡眠のときに分泌される成長ホルモンは、子どもの骨を伸ばし、筋肉を増やす作用があるといわれています。熟睡しないと、この成長ホルモンの分泌が減少してしまうそうです。


リノール酸信仰に疑問符が?!

2017.09.21 18:07 更新

▽「動物性脂肪は血液をドロドロにして、生活習慣病をひき起こす。むしろ、同じ油脂類でも植物性の油を摂ったほうがよい」--このようにいわれていて、植物油が血液をサラサラにする効果が高いと礼賛された時代があったそうです。植物油に含まれるリノール酸が、血液中の余分なコレステロールを減らしてくれるからだとか。

しかし最近になって、このリノール酸信仰に疑問符がついてきたとのこと。リノール酸はたしかにLDL値(悪玉コレステロール値)を下げますが、同時にHDL値(善玉コレステロール値)も下げてしまうのだそうです。また、リノール酸は活性酸素によって酸化されやすく、過酸化脂質となって動脈硬化を促進するとのこと。さらに、血小板を凝集させ、血液を固まりやすくしてしまうそうです。また強い炎症物質を生成するので、アトピーや喘息を起こしやすくするともいわれています。


コレステロールによる消化作用を助ける働き
2017.06.28 19:53 更新
体幹を鍛えるメリットは?
2017.06.27 18:23 更新
サラダはカロチン不足で野菜の摂取量も少ないって本当?
2017.06.26 19:27 更新
ストレスがたまったらコップ1杯の水を
2017.06.23 16:56 更新
大腸に残った便を洗い流して腸の細菌環境も改善する腸洗浄療法とは
2017.06.22 16:52 更新
歯を白くキープするオーラルケア方法
2017.06.21 11:16 更新
1日30品目の摂取で死亡率が下がる?!
2017.06.20 18:35 更新
低糖質ダイエットと低脂質ダイエットの効果はどう違う?
2017.06.19 22:14 更新
赤ワインポリフェノールの健康効果が明らかに
2017.06.16 18:34 更新
血液はどんな働きをしている?
2017.06.15 22:51 更新
年齢別に見るファーストフード店の利用頻度
2017.06.14 16:15 更新
昼間に眠気を感じたら
2017.06.13 23:42 更新
脚をスッキリ細くする
2017.06.12 23:56 更新
朝食を抜くと肥満につながる?
2017.06.09 23:41 更新
不安や欲求不満などから食べてしまう肥満症状も
2017.06.08 19:22 更新
肝臓を強化するのに役立つレバーの栄養素
2017.06.07 15:51 更新
洗顔・化粧・睡眠・食事でニキビを正しく撃退せよ
2017.06.06 18:52 更新
エビフライをサクサクに仕上げるコツ
2017.06.05 23:03 更新
ピーマンのビタミンA・C・Pが血管や血液の健康を守る
2017.06.02 20:05 更新
ダイエット中に甘い物が食べたくなったら
2017.06.01 19:10 更新

このページの先頭へ