エディターズダイアリー

脳の機能は一生衰えない?

2018.12.12 21:52 更新

▽年齢を重ねることで、内臓や筋肉が衰えるのと同様に、脳にも様々な変化が現れるとのこと。顕著な例としては、脳の大きさの変化が挙げられます。高齢者の脳は、成人したころに比べて小さくなることが知られていて、35歳から60歳にかけて、脳の容積は約10%減少するといわれています。

こうした変化は、脳の萎縮と呼ばれており、加齢によって脳の神経細胞が減少するために起こるそうです。脳内の神経細胞が最も多くなるのは胎児期であり、その後は原則として減少の一途をたどるとのこと。このように、年齢とともに神経細胞が減少するのは自然なことであり、アルツハイマー病などによる病的な萎縮ではない限り、加齢にともなう脳の萎縮は、通常の身体的変化といえるのだとか。


自分の胸にコンプレックスがある女性は60%以上

2018.12.11 18:58 更新

▽バストアップ専門店p-Grandiを運営する、dipは、「胸とブラジャー」に関する調査を、20~40代女性を対象に実施しました。その結果、20代~40代の女性300人に、「あなたは、ハンサム胸に憧れますか(ハンサム胸とは、盛らないありのままの胸のことを指す)」と聞いたところ、「はい(52.3%)」、「いいえ(47.7%)」という結果となりました。トレンドである「ハンサム胸」は、一定の女性から支持があることが分かりました。

次に「自身のコンプレックスの有無」について質問したところ、「ある(31.7%)」、「どちらかというとある(32.3%)」、「どちらかというとない(19.0%)」、「ない(17.0%)」で、約6割の女性が自身の胸に何かしらのコンプレックスを持っていることが判明しました。盛らないありのままの胸に憧れはあるものの、実際には胸にコンプレックスを抱く人が多いことが分かりました。


乾燥する季節にはパックに一工夫を

2018.12.10 21:51 更新

▽これからの季節は、乾燥肌に悩まされる人も多いのでは。肌が乾燥していると、触るとザラついたり、目の周りに細かいシワが目立ったり、ファンデーションがうまく乗らなくなるとのこと。そんな時には、普段しているパックに一工夫してみるとよいそうです。

まず試してほしいのは、乳液やクリームを多めにつけること。いつもより3倍くらい多めの乳液や保湿クリームを手に取り、顔全体、またはとくに乾燥が気になる部分につけて、パックをします。塗り終わったらそのまま15分ほど置いておきましょう。蒸しタオルで覆ったり、入浴中に行えば、お風呂の蒸気でさらに効果がアップするとのこと。


食事と食事の間は4時間以上あけて
2018.11.13 22:34 更新
居眠りをしたことがない高校生はたったの16%
2018.11.12 22:57 更新
脳はどうやって記憶しているの?
2018.11.09 20:30 更新
秋冬の「洗練通勤スタイル」を台なしにしない洗濯とは!?
2018.11.08 22:11 更新
外食は賢く選んで賢く食べよう
2018.11.07 20:07 更新
中国人女性の日韓化粧品ブランド認知では資生堂が圧倒的トップに
2018.11.06 19:31 更新
内臓にも感覚がある?
2018.11.05 23:57 更新
プロテイン入りのハンバーガーが登場
2018.11.02 22:12 更新
生野菜とフルーツで痩せやすい体になる?
2018.11.01 23:20 更新
20代女性の約9割が肉料理派と回答
2018.10.31 22:44 更新
かゆみと痛みの感覚はどう違う?
2018.10.30 22:33 更新
体が硬いとどんなデメリットが!?
2018.10.29 18:18 更新
1日に350gの野菜をとろう
2018.10.26 22:02 更新
おしゃれの秋を楽しむカラダづくりには「ゆがみの調整」を
2018.10.25 21:28 更新
腰痛になりやすい人の問題点とは
2018.10.24 22:15 更新
「ファンデーションは肌に悪い」は都市伝説?誤解している女性は7割に
2018.10.23 20:32 更新
筋トレをして成長ホルモンを補おう
2018.10.22 21:45 更新
会社員の4割が「上司だけ良いイス」文化に不満
2018.10.19 21:48 更新
ベトベトした寝汗をかいていたら要注意
2018.10.18 21:59 更新
50代女性の7割が「自分の寿命を知りたい」と回答
2018.10.17 18:52 更新

このページの先頭へ