エディターズダイアリー

食の欧米化にともなう病気の変化

2020.07.08 20:40 更新

▽日本人の食生活が大きく変化したのは戦後からとされています。特に、主食であるコメやイモ類の消費量が著しく減少し、その代わりに乳製品や野菜、肉類などの消費が増えていったそうです。こうした食生活の変化により、栄養状態がよくなり、2017年には平均身長が男性171cm、女性158cmとなり、最も低かった江戸時代から比べると、男女ともに約15cmも伸びているのだとか。

しかし、1980年代以降、日本食の基本が崩れ、たんぱく質の摂取量増加に加えて、食事全体に占める脂質の割合も高くなり、肥満者が増加したとのこと。供給熱量の栄養素別比率の構成比(PFCバランス、P:タンパク質、F:脂質、C:炭水化物)を比較すると、米国や仏国では、肉類、牛乳・乳製品、油脂類の消費が多いことから、脂質が4割程度を占めているそうです。一方、日本のPFCバランスも、年々欧米に近づきつつあるとのこと。


「恋は盲目」になるのは脳の仕業?

2020.07.06 20:31 更新

▽人は恋愛をすると、好きになった人のことばかりが頭に浮かび、その人のことを考えるだけで、心臓がドキドキしたり、一緒にいるだけで幸せな気持ちになったりします。また、「恋は盲目」ともいわれるように、恋に落ちると相手への批判や正確な判断ができなくなることがあります。実は、こうした恋愛による「心」の変化には、脳が深く関係しているといわれています。

ここでいう「心」というのは、人間の精神的な活動を指しているそうです。例えば、言葉や記憶、感情、思考、意欲、判断、知能などを総合したものとのこと。現在の脳研究の考え方によると、これらの「心」として表出される精神的な活動は、脳によって生み出されていると捉えるのが一般的とされています。


「マスク」に関する調査で「マスク美人」が約7割存在することが明らかに

2020.07.03 20:17 更新

▽ジャパンネット銀行は、自社の運営する情報提供メディア「KOUZA(こうざ)」のTwitterアカウントで、コロナ影響下で常時着用を求められるマスクをテーマに、「マスクに関する実態調査」を実施しました。その結果、「マスク美人」が約7割も存在することがわかりました。

次第に暑くなる季節において、熱中症リスクもささやかれているマスク。では、そもそもマスク着用について、人々はどのように考えているのでしょうか。約4万という回答数から、マスクに対する意見が多いことが見えてきました。


スーパーで献立を考える人の3人に2人は「生鮮売場で献立を決める」
2019.06.11 18:03 更新
悩みごと相談は脳の活性化につながる?
2019.06.10 20:42 更新
路上教習時にもっとも遭遇する一般車両の"おろそかになっている"運転は「車間距離が短い」
2019.06.07 18:58 更新
ランナーズハイやセカンドウインドはなぜ起こる?
2019.06.06 20:22 更新
オシゴト女子のお助けコスメが誕生
2019.06.05 17:31 更新
ファンデーションをうまく使うコツ
2019.06.04 18:20 更新
海のスーパーフード鮭のダイエット効果とは
2019.06.03 18:41 更新
沈んだ気持ちを回復させるには
2019.05.31 21:55 更新
今年の夏は白肌が主流の中「小麦肌」が増加
2019.05.30 18:46 更新
体が柔らかい人と硬い人の違いとは?
2019.05.29 21:03 更新
デジタルデトックスを渇望する旅行者に提案するウェルネス・リラクゼーション
2019.05.28 19:02 更新
肥満につながる欠食と夜食
2019.05.27 21:48 更新
デリケートゾーンの悩み需要から誕生した専用ソープとは
2019.05.24 21:09 更新
ショルダーバッグをこまめにかけかえて肩こり防止
2019.05.23 23:18 更新
パリでキッチン付きホテルにて美味しいものだけ食べる旅の指南書
2019.05.22 17:33 更新
ニンニクの香りや風味を料理に生かすコツ
2019.05.21 20:09 更新
お弁当を食べる人は全体の8割で「週に4~5日」「月に1日未満」が各2割弱に
2019.05.20 21:49 更新
妊娠力向上のために摂りたい栄養素とは
2019.05.17 20:21 更新
美容効果にも期待大の「第三のミルク」
2019.05.16 21:58 更新
しじみのみそ汁は肝臓を守ってくれる?
2019.05.15 20:52 更新

このページの先頭へ