エディターズダイアリー

過敏性腸症候群の人は植物性乳酸菌を積極的に

2017.11.17 23:14 更新

▽最近増えている、生活習慣病の一つに「過敏性腸症候群」があるそうです。過敏性腸症候群の代表的な症状は、「朝、自宅でトイレに行っているのに、家を出てバスや電車に乗ると急激な腹痛に襲われる」、「毎朝のように下痢気味で、そうでない日は便秘」といったもの。原因としては、仕事や人間関係のストレス、不規則な食生活などが影響しているといわれています。

この病気にかかった人の中には、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を一生懸命に食べて、乳酸菌で腸内環境を整えようとしている人が少なくないとのこと。しかし、日本人は、乳製品を分解する酵素を遺伝的にあまり持っていない人も多く、分解されなかった乳成分が腸壁にたまり、栄養の吸収を悪くしてしまう場合もあるそうです。


入浴法を誤ることで「ヒートショック」の危険性が増大

2017.11.16 22:35 更新

▽11月26日は“いい風呂の日”。気温の低下と共に湯船に浸かることが増えるこの時期ですが、入浴方法には多くの情報があり、どのような入浴法が健康に良いのか意外と知らないもの。中でも、冬は入浴時の急激な血圧の変化によって引き起こされる「ヒートショック」による事故が多く発生するなど、注意が必要です。そこで今回、ヒートショック対策に効果的な方法のひとつとして、ミネラル入りむぎ茶の効果について研究をしている赤穂化成では、健康的な入浴法やヒートショックの専門医に協力してもらい、冬の健康的な過ごし方を紹介しています。

東京都市大学人間科学部教授、医師、博士(医学)、温泉療法専門医の早坂信哉先生によると、40℃程度のぬるめの温度は副交感神経が刺激され、心身ともにリラックスさせる効果があり、血圧が下がるなど効果的なのだとか。42℃を超えるお湯に浸かると交感神経の働きが活発になり、興奮状態となることで血圧が上昇、また、血液の粘度が上がり血栓ができやすくなるなどのヒートショックを起こしてしまう危険性もあるそうです。


野菜をたくさんとるコツ

2017.11.15 23:13 更新

▽私たち日本人は、欧米人よりも食物繊維を比較的多くとってきたとのこと。しかし、近年、その摂取量は徐々に減ってきており、現在は13g程度といわれています。食物繊維は、1日に少なくとも20~25gをとるのが望ましいとされています。

目安としては、成人では1日に野菜を300g以上、果物を200g前後、いも類を100g程度とり、あわせて穀物や海藻、豆類をしっかりとるとよいそうです。例えば、野菜については、生の状態で両手いっぱいにのる量が約100gとのこと。これを1日3食とれば、食物繊維を300gとれることになります。


iPS細胞による再生医療の可能性
2017.02.27 20:47 更新
ひな祭りに欠かせないちらし寿司をヘルシーに食べるには?
2017.02.24 18:26 更新
二日酔いの人に勧めたい「茶節」
2017.02.23 19:12 更新
朝食抜きの人が薬を飲むときは・・・
2017.02.22 20:01 更新
脳を老化させない食生活とは?
2017.02.21 19:39 更新
水分をたっぷり補給して肌の状態を整えよう
2017.02.20 17:46 更新
心身の緊張が続いたら全身脱力ポーズを
2017.02.17 22:30 更新
暑さ対策で記録を伸ばすアスリートコンディショニングとは
2017.02.16 18:16 更新
冬場に心筋梗塞を起こさないために
2017.02.15 21:03 更新
ビタミンCやE・SOD酵素を含む食材でフリーラディカル反応を止めよう
2017.02.14 18:10 更新
コレステロール低下に役立つ青魚の油
2017.02.13 19:40 更新
血圧を下げる入浴法とは?
2017.02.10 19:00 更新
美容パックは"勝負"の当日に
2017.02.09 19:33 更新
内臓脂肪を減らし便秘改善も期待できるオリーブ油
2017.02.08 18:38 更新
ニキビ痕を残さないために
2017.02.07 23:27 更新
食生活の欧米化で胆石の保有率が増加
2017.02.06 19:03 更新
老化につながる活性酸素の酸化作用
2017.02.03 21:31 更新
肥満が社会問題化している理由とは?
2017.02.02 16:47 更新
冬に気分が落ち込むときは
2017.02.01 17:11 更新
春本番までデリケートな肌を守り抜くには
2017.01.31 18:00 更新

このページの先頭へ