エディターズダイアリー

マスカラで失敗しないコツ

2020.09.29 21:35 更新

▽なりたいまつげを手に入れるには、マスカラが重要なカギを握っているとのこと。マスカラを失敗すると、まつげが“ひじき”状態になってしまったり、まぶたにベッタリとくっついてしまったり・・・。今回は、そんな失敗をしないためのコツをご紹介します。

マスカラが“ひじき”状態になるのは、マスカラの量が一定のリミットを超えたとき。そこでおすすめしたいのが、種類の異なるマスカラの2本使い。例えば、長さを出したい場合なら、繊維入りのマスカラの上から、コーティング力のあるフィルムタイプ(お湯で落ちるタイプ)を重ねるとよいそうです。繊維入りだけだと、繊維で毛が長くなる反面、表面がデコボコしてしまいがちに。しかし、フィルムタイプでコーティングすることで、表面が滑らかになり、持ちがよくなるとのこと。


このページの先頭へ