エディターズダイアリー

半身浴と岩塩の組み合わせはデトックスの近道に

2020.09.03 18:51 更新

▽9月に入っても暑い日が続き、お風呂はシャワーだけで済ませてしまうという人も多いのでは。しかし、湯船につかり、体を温めて汗をかく入浴は、体内から毒素を排出するための手軽なデトックス方法といわれています。特に、半身浴でお風呂にゆっくりつかることは、デトックスの効果を高める一番の入浴法とされています。

半身浴をするときのお湯の温度は、体温よりやや高めの38度~39度。手を入れると、ややぬるく感じる温度にするとよいそうです。湯量は、腰から胸の下あたりまで。腕はお湯の外に出し、20分~30分のんびりつかりましょう。上半身が寒い場合は、タオルをかけるとよいとのこと。汗を大量にかくので、半身浴の前後には多めの水を飲むことをお忘れなく。


このページの先頭へ