エディターズダイアリー

リバウンドを防ぐコツは少しずつ食事量を減らすこと

2020.08.03 18:19 更新

▽せっかくダイエットをしたのに、リバウンドですぐに元に戻ってしまったという経験をした人は少なくないと思います。このリバウンドを防ぐのに最も効果的な方法は、食事の量を少しずつ減らしていくことだとか。減らした食事量で満足感が得られるよう、摂食中枢と満腹中枢をうまくだましながら、少しずつ慎重に食事の量を減らしていくとよいそうです。

ダイエットを始めたばかりの頃に、量を少なくした食事では、食べ終わった後にもかかわらず、わずかにお腹がすいてしまいます。それは、摂食中枢の働きのほうがわずかに強くなっているからとのこと。しかし、その食事量をしばらく続けていると、「体がこの量でも大丈夫だ」と判断をするようになり、食後に満腹中枢が摂食中枢よりも強く働くようになるそうです。そして、いつのまにか、最初の頃よりも少ない量で満足できる体になり、体重も減って無理なくその状態を維持できるとされています。


このページの先頭へ