エディターズダイアリー

コーヒー豆と焙煎の関係とは?

2020.07.22 19:26 更新

▽焙煎は、加熱プロセスの一つで、油や水を使わずに食材を高温(180~250℃)で加熱乾燥させる方法です。これは、ナッツや種のような食材に使用され、特になじみ深いものにコーヒーがあります。コーヒー豆に熱を加えることで、成分を変化させ、おいしい食品に変化させることができるそうです。

コーヒー豆の主な成分は、たんぱく質、糖質、カフェイン、クロロゲン酸で、これらはコーヒーの醍醐味である酸味や苦み、そして香りに大きく関係しているとのこと。特に熱によって変化を受ける成分は、たんぱく質、糖質、クロロゲン酸で、これらの成分が熱によって起こす現象は、メイラード反応・カラメル化反応・クロロゲン酸の加水分解とされています。


このページの先頭へ