エディターズダイアリー

髪を傷つけないブラッシングのコツ

2020.07.10 18:43 更新

▽髪をブラッシングするとき、ブラシをまず頭のてっぺんにあてて、そのまま毛先までまっすぐにおろすという人は多いのではないでしょうか。ショートヘアの人ならば、これでも問題ありませんが、髪の長い人の場合、頭頂部から一気にブラシをひくと毛先に負担がかかってしまうのだとか。これを毎日続けていると、髪に大きなダメージを与えてしまうそうです。

髪に負担をかけないためには、まずは毛先にブラシを入れて、もつれをほぐしてから、ブラシをあてる位置をだんだん上にずらしていくようにブラッシングすることをおすすめします。間違ったブラッシングは、キューティクルをはがす原因にもなって、とけばとくほど髪を傷めることになるそうです。ブラッシングは一気にしようとせずに、正しくていねいにブラシを入れることをおすすめします。


このページの先頭へ