エディターズダイアリー

「恋は盲目」になるのは脳の仕業?

2020.07.06 20:31 更新

▽人は恋愛をすると、好きになった人のことばかりが頭に浮かび、その人のことを考えるだけで、心臓がドキドキしたり、一緒にいるだけで幸せな気持ちになったりします。また、「恋は盲目」ともいわれるように、恋に落ちると相手への批判や正確な判断ができなくなることがあります。実は、こうした恋愛による「心」の変化には、脳が深く関係しているといわれています。

ここでいう「心」というのは、人間の精神的な活動を指しているそうです。例えば、言葉や記憶、感情、思考、意欲、判断、知能などを総合したものとのこと。現在の脳研究の考え方によると、これらの「心」として表出される精神的な活動は、脳によって生み出されていると捉えるのが一般的とされています。


このページの先頭へ