エディターズダイアリー

赤ワインは動脈硬化の予防に期待できる?

2020.04.30 18:14 更新

▽緊急事態宣言が発令されてから、飲食店でのお酒の提供は午後7時までとなっています。そのため、最近ではビデオ会議サービスなどを使って、自宅にいながらオンライン飲み会を楽しむ人も増えているようです。オンライン飲み会では、自分の好きなお酒を、好きなだけ飲むことができますが、飲みすぎには要注意。お酒は、適量を飲むことで、血行促進やストレス解消などにつながるといわれています。

特に、動脈硬化の予防に期待できるとされているのが赤ワインとのこと。動脈硬化は、悪玉のLDLコレステロールが活性酸素によって酸化された酸化LDLが引き起こすといわれています。動脈硬化を予防するには、活性酸素によるLDLの酸化を防ぐ必要がありますが、この役割を果たすのが赤ワインなのだとか。赤ワインには、活性酸素の害を抑えるポリフェノールという物質が豊富に含まれているそうです。


このページの先頭へ