エディターズダイアリー

新型コロナウイルス感染症関連による経営破たんは45件、25都道府県で発生

2020.04.08 17:38 更新

▽4月7日、7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)に改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発令された。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、企業ではテレワークを実施し、百貨店も食品売り場を除くフロア休業、全館休業など、様々な動きが出ている。また、居酒屋などの飲食・サービス業なども休業が増えている。メーカーではサプライチェーン寸断の影響などから操業の一時停止など、新型コロナウイルス感染症は市民生活だけでなく、企業活動にも深刻な影響を及ぼしている。


このページの先頭へ