エディターズダイアリー

新型コロナウイルスによるレジャーへの影響を調査、キャンセル率増加の一方で「アスレチック」「釣り」「サーフィン」が上昇

2020.03.23 22:16 更新

▽休日の便利でお得な遊びの予約サイト「アソビュー!」を運営するアソビューは、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、アソビュー!に掲載中の体験提供施設、ならびにアソビュー!利用者の動向を独自に調査したとのこと。

アソビュー!に掲載している539社のレジャーチケット施設(遊園地・水族館・日帰り温泉施設など)のうち55社、約10%が新型コロナウイルス感染拡大のため、休業しています。当初の休業宣言から一定期間が経ち、3月23日から一部営業再開する施設もでてきています。内訳としては、年間来場者数60万人以上の大型レジャー施設(3月23日13時更新:アソビュー調べ)においては、約6割が休業や一部イベントなど中止するなどの対応をしています。中規模から小規模になるにつれ、営業をしている傾向にあるようです。


このページの先頭へ