エディターズダイアリー

新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート

2020.03.12 19:07 更新

▽サーベイリサーチセンターは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大する中、これまでそして現在の国民の意識や行動を明らかにするために、全国47都道府県に住む20歳以上の男女4700名(インターネットリサーチモニター、各100サンプル割付回収)に対する自主調査を実施したとのこと。

その結果、自分自身への感染の不安は、じわじわと上昇。クルーズ船対応以降、下船開始の時期から危機意識が大きく高まったことがわかりました。また、「いつまで続くか見通しが不明」「効果的な治療がないこと」「ウイルスが目に見えないものであること」が特に大きな不安と回答。「外出・移動」「買い物での品薄・品切れ」「景気」「漠然とした不安」が生活上に大きな影響していることが明らかになりました。一方で、子ども世帯では「学校再開や新学期への備え」も上位項目となりました。


このページの先頭へ