エディターズダイアリー

中高年は「隠れ肥満」にご注意を

2020.03.05 20:34 更新

▽見た目で太っている人は、肥満であることがわかりますが、中高年になると見た目ではわからない「隠れ肥満」になる人が多いそうです。日本の基準では、腹まわりが男性で85cm以上、女性で90cm以上あると、内臓のまわりに体脂肪がたまりすぎた「内臓脂肪型肥満」とみなされるとのこと。通常、この内臓脂肪型肥満が、危険な肥満とされています。

同じ肥満でも、若い人の肥満のほとんどは、皮下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」とのこと。皮下脂肪は、生活習慣病の引き金にはならないそうです。むしろ、いざというときに使えるようにエネルギーを貯蔵したり、体を保温したりする役目を担っているとのこと。特に女性の場合、妊娠や出産のために必要不可欠なのだとか。


このページの先頭へ