エディターズダイアリー

心の病を治療する認知療法とは

2020.02.28 18:30 更新

▽ストレスによる心の病気の治療では、精神療法が行われることが多いとのこと。精神療法は、患者の心理面に働きかける治療法で、治療を行う人(医師や臨床心理士などの専門家)と患者が対話していくことで、様々な問題を発見し、解決法を探り、患者の訴えや悩みを聞いて支えていく治療法とされています。

認知療法も、精神療法の一つであり、ストレスによって落ち込んだ気分や感情を改善させる治療を行うとのこと。同じ物事でも、それをどう受け止めるかで、その人が受けるストレスの度合いが違ってくるそうです。自分の考え方の癖を知って、考え方の癖や偏りを修正・改善していくことがストレスの改善にもつながるのだとか。


このページの先頭へ