エディターズダイアリー

カレーは認知力の維持に役立つ?

2020.02.21 23:51 更新

▽認知力の低下を防ぐとされる成分には様々なものがありますが、その中にはターメリック(うこん)に含まれるクルクミンという色素があるそうです。ターメリックは、カレーやスパイスの効いた料理にひんぱんに使われていて、そのターメリックを明るい黄色にしている色素がクルクミンだとか。

消化を良くする、肝機能を良くするなどの働きがあるとされるターメリックは、何千年にもわたってインドの伝統医療であるアーユルヴェーダで使われてきたとのこと。そして、インド人にアルツハイマー病になる人が少ないのもターメリックをよく使うからだと考えられるようになり、認知力を維持するスパイスとしても知られるようになったそうです。


このページの先頭へ