エディターズダイアリー

ぬか漬けを手軽に作るコツ

2019.12.20 21:16 更新

▽手作りのぬか漬けのおいしさは知っているけれど、容器を置く場所もないし、かき混ぜるのも面倒という人も多いはず。しかし、ぬか漬けは、専用の漬物桶や密閉容器がなくても、手軽に作ることができるそうです。そのポイントは、肉や魚を冷凍するときのファスナー付き保存袋を活用すること。保存袋にぬか床を作って冷蔵庫の野菜室に入れておけば、スペースもとらないし、臭いも気にならないそうです。

ぬか床を作り、キャベツの葉などで“捨て漬け”をしたら、次に本漬けに入ります。その際には、最初に保存袋の口を開けて、袋ごとよくもんで、ぬか床全体を混ぜておくのがコツとのこと。塩をまぶした野菜をぬか床に重ならないように埋めたら、袋を横にして、ぬか床を平らにならします。この時、ぬか床の空気を抜くために、袋の上から軽くたたいておきましょう。


このページの先頭へ