エディターズダイアリー

自分のお腹に合ったヨーグルト選びを

2019.12.16 18:12 更新

▽みなさんは、「プロバイオティクス」という言葉をご存じでしょうか。プロバイオティクスとは、生きたまま腸に届く体に良い働きをする微生物やそれを含む食品とされています。その代表的なものがヨーグルトで、生きた乳酸菌やビフィズス菌を含んでいるとのこと。しかし、含まれる菌によって機能が異なるので、どの製品からも同じ働きが得られるとは限らないそうです。

プロバイオティクスは、消化液の中でも生き抜ける菌、そして酸素に強い菌で、腸内フローラの改善が医学的に確認された、いわばエリートの菌のみに与えられた称号なのだとか。プロバイオティクスの機能は、アレルギー疾患の抑制、抗がん作用、血中コレステロールの低下、血圧降下、内臓脂肪の減少、ピロリ菌の抑制など多岐にわたるため、それらを自分の体のニーズに合わせて選択し、どの種類の菌が自分の腸を元気にしてくれるのか、自分のお腹に合ったヨーグルトを見つけることが大切とされています。


このページの先頭へ