エディターズダイアリー

肩こりになりやすい体形とは?

2019.11.14 21:15 更新

▽肩こりの3大原因といえば、姿勢の悪さ、悪い姿勢をつくる生活環境、そしてストレスが挙げられます。しかし、同じ環境下にあっても肩がこりやすい人とこりにくい人がいるように、肩こりがあらわれる際には、様々な誘因が働いているとのこと。その中に、肩こりになりやすい体形があるそうです。特に、猫背・猪首、なで肩、偏平足の人は、一度肩こりを治療しても、体形の影響で再発する可能性が高いとのこと。

猫背は、背中が丸く、その分、肩や頭が前方に倒れた状態のことをいいます。人より背が高いことを気にして常に背を低く見せようとしたりしていると、猫背が習慣になることがあるのだとか。猫背は、前方に傾いた首を支えるために、首や背中の筋肉が常に緊張を強いられるとのこと。これは、首が短く肩にめり込むような猪首の人にもあてはまり、筋肉の緊張から肩こりを起こしやすくなるといわれています。


このページの先頭へ