エディターズダイアリー

使い捨てプラスチック製品の使用終了に向けた取り組みとは

2019.11.05 20:28 更新

▽プラスチック製ストローと使い捨て飲料ボトルの排除に向けた動きは、すでに旅行業界全体で活発化していますが、マンダリン オリエンタル ホテル グループは高級ホテル業界における同活動のけん引役となるべく今後、客室はもちろんのこと、スパ、輸送、レストラン、バーなどのあらゆるオペレーションの局面において、使い捨てプラスチックの使用停止を目指していくとのこと。消費者の目に触れる公共エリアのみならず、ホテルのバックスペースにおいても同様の取り組みを推進するそうです。

同グループの「使い捨てプラスチック撤廃キャンペーン」は段階的にすでに開始しており、まず同ホテルグループの事業全体で使用しているプラスチック製品の購買状況を把握すべく、在庫調査を徹底的に行ったとのこと。そして、最も使用頻度の高い、23品目の使い捨てプラスチックアイテムを特定し、今日までにその86%の使用を取りやめたそうです。さらに、残りの品目においても段階的に使用を止めることで、2021年3月末までにすべての使い捨てプラスチック製品の使用停止へと漕ぎ着ける予定だとか。


このページの先頭へ