エディターズダイアリー

筋膜リリースで体幹ストレッチ

2019.10.15 20:13 更新

▽体の柔軟力を高めるためには、大きな筋肉がある体幹、とくに腹部や背部の筋肉に柔軟力を持たせることが重要とされています。体幹に柔軟力があるということは、体幹にある腹部や背部の大きな筋肉を効率よく動かすことにつながり、それだけ広い範囲で体を動かすことができるそうです。

逆に、体幹に柔軟力がないということは、体幹の骨と骨につく筋肉や軟部組織などが硬い状態なので、体幹が動いてパワーを出そうとしたときに筋肉や軟部組織が損傷したり、別の部位で無理にパワーを出そうとして、ケガにつながるケースがあるとのこと。また、体幹部の柔らかさを高めることによって、腰痛なども予防、緩和しやすくなるそうです。


このページの先頭へ