エディターズダイアリー

寝起きをシャキッとさせるコツ

2019.09.10 22:04 更新

▽朝起きるのが苦手という人は少なくないと思います。とくに、疲れがたまっていると、布団の中で目は覚めたものの、いまいち気分がスッキリせず、なかなか起きようというスイッチが入らないときもあるはず。これは、体が起きていても、脳が「もっと眠りたい」とダダをこねている状態だとか。

そんなとき、寝起きをシャキッとさせる方法としておすすめなのが、お尻を叩くこと。布団の中でうつぶせになり、両手のこぶしでお尻のほっぺをバンバン叩くとよいそうです。お尻への刺激は、背骨を通って脳までダイレクトに伝わるとのこと。そのため、眠くてダダをこねている脳にカツを入れることができるそうです。


このページの先頭へ