エディターズダイアリー

魚の油を効率的に摂取するには

2019.08.15 19:32 更新

▽魚の油には、中性脂肪を減らす多価不飽和脂肪酸である、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれているとされています。EPAやDHAは、いわしやさば、さんま、あじなど、脂がのった青背の魚に豊富に含まれていますが、体に良いからといって食べ過ぎるとエネルギーのとりすぎになり、逆効果になることもあるそうです。適正量を守りながら、毎日の食卓にのせていくのが大切とのこと。

また、EPAやDHAは酸化しやすいので、新鮮なものを選ぶことも重要とされています。例えば干物の場合、干しているうちに脂肪が酸化している可能性があるそうです。そのため、一夜干し程度の新鮮な干物を選ぶことをおすすめします。


このページの先頭へ