エディターズダイアリー

心の栄養不足になったら

2019.07.17 21:50 更新

▽心の悩みや問題に苦しんでいる状態が長く続いてしまうと、「心の栄養不足」になり、以前は張りのあった風船がしぼんだように、心も身体も疲弊してしまうとのこと。まるで井戸が枯れてしまったかのように、「楽しい気持ち」が枯渇してしまい、湧いてこなくなるそうです。

このような心理状態に多く見受けられるのが、「自分が嫌い」という状態とのこと。元気だったころは自分自身が好きだったはずなのに、いつの間にか自分が嫌いになってしまった・・つまり、前提が「嫌い」に変わってしまったのだとか。この結果、仲の良かった友人と不仲のまま同じクラスで過ごすような、おしどり夫婦が頻繁に喧嘩をしたり、関係が冷え込んでしまうような状態になり、心の中が不健康になってしまうそうです。


このページの先頭へ