エディターズダイアリー

沈んだ気持ちを回復させるには

2019.05.31 21:55 更新

▽期待していた結果が得られなかった時や、想像以上に結果が悪かった時など、思わずため息をつきたくなる瞬間は誰にもあるはず。このように沈んだ気持ちの時には、頭で「こうすれば」「こう考えれば」といくら思いを巡らせても気持ちは一向に回復しないとのこと。心の底から「この気持ちをわかってほしい」という欲求を否定したり、理屈で諭しても「やっぱりわかってくれない」と、無意識から反発が起こった状態が続くそうです。

こんな時には、自分自身に「ホントだよね」と、古くからの友人の気持ちに寄り添ってあげるように、両親が泣いている子供に語りかけてあげるように言ってあげるとよいとのこと。無意識の感情は、欲求が満たされると、赤ちゃんが泣き止むように自然におさまっていくそうです。


このページの先頭へ