エディターズダイアリー

スリムな人はやらない!太ってしまうNGな行動例とは

2019.04.12 22:49 更新

▽今の自分の体型を作っているのは、日々の積み重ねによるもの。食べたものはもちろんのこと、生活習慣や行動パターンが大きく影響しているのだとか。何気なくついやってしまっていることが、実はNG習慣だったりするとのこと。逆に、良い習慣を一度身に付けてしまえば、特別に頑張らなくても自然とやせ生活を送れるようになるという。そこで、サニーヘルスは、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」において調査レポート「スリムな人はやらない!太ってしまうNGな行動例」を公開しました。

朝食を取ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体内時計をリセットしリズムを整え、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが適切に行われるようになる作用があるとのこと。また朝食を食べなかった場合、前日の夕食から当日の昼食までエネルギーが入ってこない時間がかなり空くことになるそうです。食事と食事との時間が長く空いてしまうと人間の体は危機を感じ、次の食事の際に摂取したエネルギーを体に蓄積しようとする性質があるため、体脂肪になりやすいのだとか。朝食の習慣がない人、時間がなくて食べない人は、調理不要で食べる時間のかからないフルーツやヨーグルトだけでも食べることをおすすめしています。


このページの先頭へ