エディターズダイアリー

肉じゃがは悪酔い防止に最適な酒の肴に

2019.03.07 22:23 更新

▽お酒を飲みすぎて悪酔いをしてしまう人も少なくないと思います。悪酔いを防ぐためには、お酒を飲むときにビタミンB群を多く含んだ食品をおつまみとしてとることが大切とされています。ビタミンB群が不足すると、アルコールが分解されてできる、体にとって有害なアセトアルデヒドが肝臓でうまく分解されず、悪酔いや二日酔いの原因になるそうです。

悪酔いを防止するおつまみとして、栄養的に最適なのが「肉じゃが」だとか。じゃがいもには、ビタミンB1やナイアシン、パントテン酸など、ビタミンB群が多く含まれているそうです。これらのビタミンB群が、肝臓でのアルコールの分解をバックアップしてくれるとのこと。


このページの先頭へ