エディターズダイアリー

若者だけに聞こえるモスキート音とは?

2019.03.01 22:40 更新

▽人間が聞き取れる音の周波数は、20Hzから2万Hzとされています。よく、モスキート音は若者だけに聞こえるといわれますが、モスキート音とは、1万7000Hz程度の超高周波の音を指すとのこと。キーンという嫌な音が特徴で、耳年齢の若い人には、かなり気に障る、聞くに堪えない音になるそうです。

モスキート音のような高周波の音が聞こえるのは、内耳にある蝸牛の有毛細胞がしっかり生えそろっているからだとか。すべての音の振動は、蝸牛の入り口から入るため、入り口近くの有毛細胞から負荷がかかりやすくなるとのこと。有毛細胞は新たにつくられることはないので、損傷して死滅してしまうと元には戻らないそうです。


このページの先頭へ