エディターズダイアリー

残った日本酒を料理に使うコツ

2019.01.29 22:41 更新

▽日本酒は、一度栓を開けると、空気に触れてどんどん品質が変わっていくそうです。とくに、飲み切れずに残ってしまった日本酒は、味が落ちて、本来のおいしさが感じられなくなるとのこと。そんな場合は、無理に飲もうとせずに、料理に使うことをおすすめします。

例えば、酢の物やドレッシングに、ほんの少し日本酒を加えると、酢の角がとれて味がまろやかになるそうです。また、肉を焼いたり、揚げるときに下ごしらえとして日本酒を使うのもよいとのこと。肉100gに対して、大さじ1の日本酒をもみ込んでおくと、肉がやわらかくなり、まろやかな味わいになるそうです。


このページの先頭へ