エディターズダイアリー

腰痛症は筋肉疲労が原因に

2019.01.25 21:14 更新

▽腰痛の三大要因は、運動不足、ストレス、慢性疲労で、これに加えて、悪い姿勢、肥満、弱い筋肉などによって起こる、いわゆる「腰痛症」と言われるものだとか。腰痛の大部分は、腰の骨からくるものではないとのこと。腰痛症は、一言でいえば原因不明の症状で、X線写真を見ても異常はなく、内臓などに他の原因もないのに、腰が痛むというタイプの腰痛とされています。

中腰の姿勢で仕事をする人や、長時間座り仕事をする人などに多く、筋肉の疲労が積み重なって起こると考えられているそうです。同じ姿勢で、しかも背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長時間とり続けると、筋肉がこわばり、うっ血して痛みを起こすとのこと。生活習慣が原因なので、それを改めない限り、何度でも再発するリスクがあるそうです。


このページの先頭へ