エディターズダイアリー

高血圧予防のために調味料は少なめに

2018.12.20 22:53 更新

▽高血圧は、脂質異常症と並んで動脈硬化を進行させる大きな要因とされています。高血圧の人は、そうでない人に比べて3~4倍も動脈硬化になりやすいことがわかっているとのこと。高血圧にならないためには、塩分をとりすぎないように、食事での調味料を少なめにすることが推奨されています。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によると、1日の食塩摂取量の目安は男性9.0g未満、女性7.5g未満とのこと。日本人は昔から塩分をとりすぎる傾向があり、減塩の意識が高まっている現在でも、年々減少傾向にあるとはいえ、平均して1日に約11gの食塩をとっているのだとか。


このページの先頭へ