エディターズダイアリー

二日酔い対策はウコンより「チェイサーに水」が多数派

2018.12.07 20:25 更新

▽ドコモ・ヘルスケアは、これからの忘新年会シーズンに向けて、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」利用者に対して飲酒に関するアンケート調査を行ったとのこと。30~40代の働き盛り世代を中心に寄せられた回答から、二日酔い対策としては飲む前のウコンよりもチェイサーとして水を飲んでいる人が多いことがわかったそうです。

よく飲むお酒の種類を聞いたところ、ビールや発泡酒を選ぶ方が圧倒的に多いことがわかりました。糖質オフ・カロリーオフの発泡酒も人気ですが、アルコールは好みの味で選ばれる人が多いのかもしれません。


このページの先頭へ