エディターズダイアリー

触れるケア「タクティールケア」の効果とは?

2018.11.30 20:16 更新

▽福祉大国であるスウェーデン発祥のタッチケアに「タクティールケア」というものがあるそうです。タクティールは、ラテン語の「タクティリス(Taktilis)」に由来する言葉で、「触れる」という意味があるとのこと。タクティールケアは、手を使って相手の背中や手足をやわらかく包み込むように触れるのが特徴とされています。

日本では、2005年に認知症高齢者への緩和ケアの一手法として、効果・手技が紹介され、安心感や穏やかさをもたらす作用や睡眠の改善、痛みの緩和、ケアを受けた人と行った人の絆が深まる効果が期待できるとして、医療・介護関係からの注目度が高まり、現在では様々なところで導入されているそうです。


このページの先頭へ