エディターズダイアリー

甘いお菓子は適量を守って食べよう

2018.11.28 22:11 更新

▽糖質の多い食品をとりすぎると、体内で中性脂肪を増やすことにつながるとされています。糖質には、ごはんやパン、うどん、いもなどに含まれるデンプンや、甘いお菓子などに多く含まれるショ糖(砂糖のこと)、果物に多く含まれている果糖やブドウ糖などがあるとのこと。この中でも問題なのが、砂糖や果糖、ブドウ糖などの甘い糖質だとか。

これらの糖質は、デンプンと比べて体内での消化・吸収が早く、余った分は中性脂肪に変わりやすいとされています。そのため、とくに中性脂肪値が高い人、肥満の人は、砂糖やお菓子類、清涼飲料水、果物の摂取を控えたほうがよいそうです。


このページの先頭へ