エディターズダイアリー

忘年会などで飲酒機会が増加、飲酒運転による交通事故も

2018.11.20 19:34 更新

▽飲酒運転は、運転している当事者だけの自損事故だけではなく、他のドライバーや通行人を巻き添えにするような悲惨な事故につながることが多くなるとのこと。運転手が飲酒により気持ちが大きくなり、スピードの出し過ぎや乱暴な運転になることが多く、事故に巻き込まれた場合、死亡事故や重篤な後遺症が残る事故につながりやすくなるそうです。

死亡事故や重篤な後遺症が残る事故の場合、賠償額が大きくなるとのこと。また、飲酒運転であっても保険会社は賠償金の対応を行いますし、飲酒運転を理由に慰謝料の増額が認められる場合もあるそうです。適正な賠償額で解決するためにも、実績のある交通事故専門の弁護士が交渉することが不可欠とされています。


このページの先頭へ