エディターズダイアリー

体が硬いとどんなデメリットが!?

2018.10.29 18:18 更新

▽体は硬いと太りやすく、柔らかいほうが痩せやすいといわれています。柔らかくなければ痩せないというわけではないそうですが、効率的にダイエットをするのなら、柔軟性が高いほうが有利とのこと。寒くなってくると体は縮こまり、ますます硬くなってしまうのだとか。そこでサニーヘルスは、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」において、硬い体を柔らかくして痩せやすくなる方法をまとめているので紹介しよう。

体が硬いということは筋肉の柔軟性が低いということ。すると関節を動かしにくくなるため、体の可動域(動かすことのできる範囲)が狭くなるのだとか。本来動かせるはずの範囲が動かせないという。筋肉は血液の流れを促す働きをしているため、筋肉が硬いとその働きも鈍くなり血行が悪くなってしまうとのこと。つまり体の代謝が低下してしまい、痩せにくく太りやすい体になってしまうのだそうです。


このページの先頭へ