エディターズダイアリー

秋の肌トラブルには血行改善がポイントに

2018.10.09 19:22 更新

▽今年、日本は全国的に記録的な猛暑。実際に7月には、埼玉県熊谷市で最高気温「41.1度」が記録され、国内記録を5年ぶりに更新しました。実は、猛暑だったからこそ今年の秋冬は“肌トラブル”に例年とは異なる傾向があると、アーモンドミルク研究会が情報発信を行っているので今日のコラムで紹介します。

本来夏は、紫外線による日焼けやシミなどが気になりがちですが、今年はあまりにも暑すぎたために、外出を控えた人が多いのか、実は例年よりも日焼けやシミなどの肌トラブルに悩む人は少ない傾向にあるそうです。その代わり、冷房の効いた室内に長時間いることによって、体が冷えきってしまい、血流不全になっているケースもあるのだとか。


このページの先頭へ