エディターズダイアリー

ぎっくり腰の再発を防ぐための心がけ

2018.10.03 22:31 更新

▽一度ぎっくり腰になった人は、治った後も再発するリスクが高いとのこと。そして、ぎっくり腰を繰り返すうちに、椎間板の損傷が進み、椎間板ヘルニアを起こしてしまうこともあるそうです。そうならないためにも、日ごろからぎっくり腰の再発を予防する心がけが大切とされています。

例えば、朝、顔を洗おうとして洗面台にひょいと前かがみになっただけも、ぎっくり腰になることがあるそうです。椎間板には、まっすぐ立っているだけで100㎏もの圧力が加わっていますが、20度おじぎをすると、腰椎は上体を支えるテコの支点となるので、加わる力は150㎏にも上昇するのだとか。そのため、ぎっくり腰の再発につながる恐れがあるとのこと。


このページの先頭へ