エディターズダイアリー

1日に350gの野菜をとろう

2018.10.26 22:02 更新

▽最近は、野菜を食べる機会が少なくなり、野菜不足になる人が増えているようです。野菜不足を防ぐためにも、1日に350gの野菜をとることが推奨されています。350gのうち、約3分の1(120g)を緑黄色野菜から、約3分の2(230g)を淡色野菜からとるのが理想なのだとか。

緑黄色野菜は、ほうれんそうやニンジン、ブロッコリーなど色の濃い野菜を指します。一方、淡色野菜は、大根やタマネギ、キャベツなど、色の薄い野菜とのこと。これらの野菜には、LDLコレステロールを減らす食物繊維の他、LDLコレステロールの酸化を防ぐビタミンCやビタミンE、ベータカロテンといった脂質の酸化を防ぐ作用が期待できる栄養素も豊富に含まれているとされています。


このページの先頭へ