エディターズダイアリー

あごのゆがみは全身のゆがみにつながる?

2018.08.22 22:00 更新

▽最近、あごにゆがみが生じている人が増えているそうです。例えば、歯が抜けたまま治療せずにそのまま放置していると、かみ合わせが悪くなって、徐々にあごがゆがんでくるとのこと。また、ふだんからやわらかいものばかり食べていると、あごの筋肉が弱ってしまい、これもゆがみを生じさせる原因になるとされています。

こうしたあごのゆがみは、顎関節症などのあごの不快症状を引き起こすだけでなく、頭痛や肩こり、腰痛、膝痛など、全身のさまざまな症状につながるといわれています。これは、左右の側頭部にある側頭筋、あごにある咬筋など、ものをかむのに必要な咀嚼筋群が緊張して縮むと、全身を支える骨格筋も緊張して縮んでしまうことが原因だとか。


このページの先頭へ